FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、なんとなく次男の左耳を覗いたらびっくりした。

すんごく耳ダレが出ていた。

黄色い膿みたいなもので耳の穴が汚れていた。

母はたまげた。びっくりした。

まさか中耳炎??でも痛がっていなかったし!

じゃ外耳炎?それとも別の病気???

会社を休んで近くの耳鼻科へダッシュした。

ま、小さい子はたいていそうだと思うのだけれど、次男は耳鼻科が大嫌い。

うん、わかるよ。大人でも鼻を吸われたり耳を覗かれたりするのはちょっとイヤだもんね。

でもそんなこと言っていられない。

嫌がって暴れる次男を抱きかかえて診察室に入る。

次男は看護婦さん(じゃないかもしれないが)の膝に抱っこされて羽交い絞めにされ、もう一人の

看護婦さんに顔を固定され、さらにもう一人の看護婦さんに足を押さえられて診察を受けた。

この耳鼻科の看護婦さんは年も若くて美人そろいなのだ。

その3人に四方八方を囲まれて抱きすくめられながら看護婦さんの胸に顔をうずめるような形での治療。

客観的に見たら男としては非常に非常に幸福な状況のような気がする。

ま、そんなのわかる年じゃねーか。

結局次男の耳ダレの正体はただの耳アカでした。

たまっていた耳アカが、シャンプーをしたときにでも水が耳に入って溶けて流れ出てきたのでしょうと。

なんじゃそりゃ。

耳掃除、嫌がる次男を押さえつけながらしていたつもりだったのですが。

先生に聞いたのですが、綿棒で耳掃除をすると、耳アカを耳の奥に押し込めることがあるそうで。

うん、私は耳掃除をしているつもりで、耳アカを次男の耳にギュウギュウに詰め込んでいたんですね。

ごめんよ、次男。

耳掃除ってむずかしい。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://happydayss.blog73.fc2.com/tb.php/1078-6e3f0ad0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。