FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04.06 ずっと
昨日、長男(5歳)が私にこんなものを渡してくれました。

ママ、最近元気ないから書いたよ!とのこと。

e1.jpg

下の髪の毛が長いのが私。

上の三人の左から長男、次男、旦那だそうです。

で、右のほうに、ちょっと読みにくいですが

e2.jpg

「よにんがちんといられますように。ぱんぱん。」と。

ちんと=ちゃんと。で、ぱんぱん=神様にお願いする拍手の音。だと思います。


でね、なんで長男がこういうのを書いてくれたかというと、私先週ずっと落ち込んでいたんですよ。

新聞やらニュースやらで被災地の話題を耳にするだび。

津波で奥さんと子供2人が流されて、今も一人で探し続けるお父さんの話とか。

全児童の7割が津波に流されて死亡してしまった小学校の話とか。

両親と妹が津波に流されてしまって、でもお母さんの迎えを避難所で待ち続ける4歳の女の子の話とか。

そういうのを新聞で読むたびに、どうしても自分の身に置き換えてしまって。


もし、目の前で旦那と子供が津波に流されて自分一人が助かってたら。

もし、保育園に行っていた子供が津波に流されて今も見つかっていなかったら。

もし、家族全員が津波に流されてしまったのに、5歳の長男が避難所で迎えを待っていたりしたら。


そういうことを想像するたびにどうしようもなく、泣けてきてしまって。

新聞を読みながらボロボロ泣いてしまって、そうしたら長男と次男が心配してくれて。


「こうやって家族4人でいられるってすごい幸せなんだよ」

「地震のあったところはね、お父さんとお母さんと離れ離れになっちゃって今も会えていない子が

たくさんいるんだよ」

とか泣きながらつたない説明をしていたんです。

それを聞いた長男がこの絵を書いてくれた。

「ずっとよにんでいられますように」って、家族の似顔絵と一緒に。

今度こそ本気で泣いた。

嬉しくて。

それと同時に、反省した。

いくら地震のニュースで落ち込んでいたとはいえ、子供の前でメソメソ泣いたことに。

メソメソ泣いていた私を見て子供が不安にならないわけがない。

小さい子供の前では、母は強くあらねば!


なぜ、家族四人の中で私が一番大きい顔なのか。

なぜ、私が家族を支える大黒柱のような書き方をしているのか。

なぜ、私の右目にまつげがないのか。


いろいろ突っ込みたいところはたくさんあるのだけれど。

ありがとう、長男。

母はこの絵を支えに、もう泣くのはやめます。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://happydayss.blog73.fc2.com/tb.php/1075-e3185258
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。