FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝、ニュースを見ていたら箱根温泉のことが特集されていました。

東日本大震災以降、お客さんのキャンセルが相次いでいるそうです。

しかも、東京電力の計画停電の影響もあり、温泉を汲み上げるポンプも動かすことができないと。

お客さんは来ない、温泉は湧き出ていても汲み上げることができない。

このままじゃ、廃業だ。と旅館の人が悲痛な顔をしていっていました。

そばで旦那がものすごくつらそうな顔をしていました。

うちの旦那は観光業です。ホテルに勤めています。

自分の身に置き換えるとたまらないと言っていました。

私たちの住んでいるところは、阪神淡路大震災で被害を受けたところなのですが。

旦那に、阪神淡路大震災のとき、旦那が勤めているホテルはどうだったのか聞いてみました。

ホテルはやむを得なく全員解雇したそうです。

本当に、まったくお客さんが来なくなったそうです。

ホテル自体に大きな被害はなかったのですが、風評被害やお客さんが震源地の島にあるホテルを怖がったのか

見事なくらいお客さんが来なくなって。

このままじゃ、倒産してしまう!ということで、復興したら再雇用を約束していったん全員解雇。

1年くらいで徐々にお客さんが戻りはじめ、ほぼ以前通りになったのは3年後くらいだったそうです。

その当時旦那は高校3年生だったのでまだ勤めてはいませんでした。

でも、実際に自分が家族を持って大黒柱として働いているときに、風評被害や停電などが原因でホテル自体には

なんの問題もないのに、廃業を余儀なくさせられたら、それは本当に悔しいだろうと。

私たちは津波や地震の被害にあった被災地のほうに意識が向きがちですが、それ以外にもたくさん、危機に

陥っているところはあるのだと思いました。

直接被害はなくても、間接的に被害は広がっていくんですね。

だからといって、じゃあ箱根に行こう!!というわけにはいかないのが現実なのですが。

でも、忘れないようにしないと。

で、こういう場所にも補償は必要なのではないですか?東京電力さん?




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://happydayss.blog73.fc2.com/tb.php/1074-1f54360a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。