FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
わたし、この土日ちょっと体調を崩しておりました。

1月はダンナ実家に行かなきゃいけなかったり、正月休み中は子供の我儘にみっちり付き合ったり、

休み明けの仕事は超忙しかったりで、疲れがたまってたんだと思う。

もう、どうにもこうにもしんどくてしんどくてこの土日はもう布団から出て来れないくらい体調が悪かった。

でもこういうときに限って実家も旅行でいなかったり、義実家も用事があったりして頼れなかった。

ダンナももちろん仕事だし。

子供達の世話もろくに出来ず、ご飯もレトルトのカレーだったり菓子パンだったりですませてた。

わたし、実は今まで子供達に自分の体調が悪い姿を直に見せていなかったんですよ。

体調が悪かったときは、大体実家に頼って子供達をあずけていたから。

だから、子供達は私が体調が悪くて寝たきり状態の事を始めは驚いたり騒いだりしていた。

なんで寝てるのーって言いながら私の手を引っ張って起こそうとしてきた。

でも、どうやら私がものすごく体調が悪いと気付くと、今度はしくしく泣き出した。

まま、どうしたの。気分悪いの?お医者さんは?薬は??どうしたらいいの??と泣き出した。

で、私の背中をなでてくれたり頭をなでてくれたりお水を持ってきてくれたりしだした。

大丈夫だよ。でもちょっと静かにしていてくれるかな。と言うと・・・・・・・・


なんと子供達は自ら静かになった!!!

大声で騒がなくなった!!!

ケンカをしなくなった!!

隣の部屋でおとなしくDVDを見だした!!!


なんということでしょう!!!!!

子供達が自ら静かになるなんて、私が「静かにしろーーーー!!!」と怒鳴らなくても静かになるなんて!!

初めてのことだった!!

いや、普段は私が怒鳴っても静かいなんてならないのに!!!


それだけ私が寝込んでいるという状態がレアで不安だったんだろうな。

日曜日の夕方、体調がだいぶん回復した私が、歩いているとびっくりして、

「ママ、大丈夫??歩いていいの??気分悪くないの??」って腫れ物に触るような扱い。


なんだかね、ちょっと思った。

親は強いところや平気なところを見せるだけじゃなくて、弱いところも見せるべきかなって。

そうすることによって病人に対しての気遣いということも学んでいくのかもしれないって。

で、子供に心配されて気遣いされるというのはものすごく嬉しいものだ。

だんなに気遣いされるのとはまた段違いに嬉しいのだ。

だって本当に泣きながら心配してくれるんだもんな。

体調が悪いときは気持ちが不安定にいなるし、余計優しさが身にしみるのだ。

私も子供が体調を崩して寝込んでいるときはもっともっと優しくしようと心に誓ったよ。

うちの子供たちは体調を崩すと抱っこ魔になるのだが、前まではそれをちょっとうっとおしいと思ってた。

だって、こっちも家事とか色々やることがあるしね。

でもね、考え方を変えたよ。

家事なんか後回しでもいいから2時間でも3時間でもずーっと抱っこしてあげようと思ったよ。

すごく大事なことに気付いた2日間でした。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://happydayss.blog73.fc2.com/tb.php/1035-1d4f6f3c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。