上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あのですね、今朝のお話です。

ちょっとヒヤッとしたお話です。

今朝、私はいつものように5時半に起きて洗面所で顔を洗っていたんです。

そこに、いつもはこの時間には起きないはずの次男がふすまを開けてやってきた。

ママー、どこーと呼ぶ次男。

私はちょうどその時、顔を洗っていたので返事ができなかった。

しかも洗面所は次男から見て死角にあった。

いつも自分が起きたらリビングかキッチンに母がいるのに今日はいない。

一瞬で次男はパニックになった。

ママーどこーーどこーーと泣きながら2階の階段を昇り始めた。

2階のベランダで私が洗濯物を干しているのだと思ったのだろう。

普段の次男では考えられない勢いで階段を昇っている。

あせった私は顔に泡が付いているのも構わず次男を追いかけた。

次男をつかまえたのは、次男がベランダの窓の鍵を開けようとしているときだった。

もうちょっと遅かったら次男はベランダに出ていたと思う。

うちはベランダに一切余計なものを置かないようにしているので、足場になるようなものはない。

だからそれに昇ってベランダから落ちると言うこともない。

でもあせった。

ものすごいヒヤッとした。

時々テレビで家にひとりで留守番or寝ていた幼児がベランダから落ちるという事件があるじゃないですか。

それってこういうことを言うのだなと思った。

起きたときに親がいないってあんなにあせるものなんだ。

あんないつもでは考えられないスピードで階段を上がれるんだ。

あんな泣き叫びながら探すんだ。


わたしは子供が家で寝ているからって絶対に子供たちだけをおいて外出したりはしないのだけれど。

改めて絶対にしないと誓った。





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
次男(2歳5ヶ月)の反抗期っぷりがハンパない。

今朝なんざ朝ご飯に出したししゃもを「これ、きらい!!」って叫んで後ろに放り投げたよ。

温厚な私はこの時点では叱らなかった。

「食べ物を放り投げたらダメ。食べ物は大事にしなさい」といってししゃもを拾って次男のお皿に

のせた。

すると次男のヤロウ、再度投げやがった。


もーーーーう、こうなると怒るしかないでしょ!

朝っぱらから母はキレたよ。

次男を怒ったよ。

次男は泣いたよ。

長男は次男を庇って次男と母の間に割り込んだよ(←これはちょっと感心。)


長男にも多少なりとも反抗期はあった。

でもね、食べ物を投げたりお皿をぶん投げたりすることはなかった。


朝から疲れた。

がんばれ、わたし。




うちの長男(4歳8ヶ月)まだオムツがとれません。

いや、昼間はとれているんですよ。

でも夜のオムツがまだとれません。

1週間に1回くらい失敗する。

1週間に1回の失敗。

この確立で夜にオムツじゃなくパンツにする勇気がまだ持てません。

遅いのかなぁ。

友達に聞いてもどこももうはずれているしな。

失敗覚悟で一度パンツで寝させてみるべきか。

でももし失敗したら今度は長男が怖じ気づきそうだしな。

犬や猫のペットシーツみたいなものを布団の下に敷こうかと思ったけれど、まるで宇宙遊泳をしている

かのように6畳間を縦横無尽に動き回る(寝ながらね)長男にはムダだし。

悩みどころです。

どーしよー。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。