上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長男が大好きな侍戦隊・シンケンジャー。

その悪役・外道衆の親玉、血祭慟哭(ちまつりどうこく)

でも息子はキチンと発音できない。

いつも「血祭ろう慟哭」という。


・・・なんか血祭りにする気満々で怖いんですが・・・






ブログランキング・にほんブログ村へ
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
ワタクシ、先日めでたく35歳の誕生日をむかえました。

で、タイトルがなぜ「30歳の誕生日」なのかというと、面白い話をラジオで聞いたからです。

その人が言うには

『30歳の誕生日に何をしていたかによってその人のその後の人生が決まる』

だそうです。(なんかそういう本が出ているらしい)

ほーーー、と思いながら自分が30歳の誕生日に何をしていたか思い出してみると・・・



・・・・あっ!!ダンナにプロポーズされた日だ!!!



そうだそうだそうだ!!30歳の誕生日にプロポーズされたんだった!!!

あ、ヤバイ。

ものすごく嬉しいかも。


えーと、じゃあダンナの30歳の誕生日は何をしていたっけ?

ダンナの30歳の誕生日は・・・確かその日は平日で、二人とも普通に仕事をして帰ってきて。

その時は長男はまだ10ヶ月くらいで。

外食に行きたかったけれども長男連れではムリなので、ちょっといいお肉を買ってきて家ですき焼きをして

みんなで食べたんだった。

長男はまだお肉を食べられなかったから豆腐ばっかり食べさせていた。

こんなおいしいお肉、食べられなくてかわいそうだねー、なんて笑いながら。


もしも『30歳の誕生日に何をしていたかによってその人のその後の人生が決まる』ということが本当なら

私たち夫婦はこの先、すごく幸せに暮らしていけるような気がする。

まぁ、そのためには日々のお互いの努力が欠かせないわけだが。


30歳の誕生日だけじゃなく、この先ずっと誕生日を一緒にお祝いしてくれるのがダンナだったらいいな

と思う。



2009.05.25 眠っていいよ
昨日、息子'sを連れて車に乗っていたときのこと。

時間はまさに息子'sのお昼寝タイムの2時前。

次男は後部座席のチャイルドシートの上ですっかり眠っていた。

助手席の長男もこっくりこっくり船をこいでいる。

私が「眠いなら眠っていいよー」というと、長男が

「ありがとー。ママも眠っていいよー」と。

そーれーはーむーりーでーすー。


でも長男の気遣いがすごくうれしかった。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。