上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10.31 策士な息子
今日、長男と近くのスーパーに買い物に行った。

お菓子を買ってくれとねだる息子。

ダメ!と拒否する私。

さらにねだる息子。

やっぱり拒否する私。

すると息子が叫んだ。

「ままー、おねがいしますーー。買ってくださいーー。おねがいしますー。買ってくださーーーい」


恥ずかしくなってつい買ってあげちゃいました。

私が甘いのだろうか。

言葉が達者になり過ぎだ!!!




ブログランキング・にほんブログ村へ
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
2008.10.30 すっぽん
長男に比べて何事もゆっくり目の成長の次男。

ようやく2本目の下の歯が生えてきた。

嬉しくて次男の口を指でエイヤっとあけて確認してしまう。

でも、これをするには少々技術とタイミングが必要だ。

赤ん坊というイキモノは口に入った物を何でも吸う&噛む習性があるのだ。

うちの次男坊ももれなくその習性を持っている。

今までは歯が生えていなかったから少々噛まれてもどうってことはなかったのだが今は違う。

そして、赤ん坊は手加減というワザをしらないので思いっきりイーーっと噛むのだ。

赤ん坊とあなどるなかれ、かなり痛い。

で、前置きは長くなったが昨日も私は次男の口を指でこじ開けて歯を確認していた。

迷惑そうな顔の次男。

そしてその後ろでその様子を見る長男。

一応長男に「噛まれるからかーちゃんと同じ事をしたらダメだからね!」と釘を刺す。

しかし、何でも自分でやりたい盛りの3歳児がそんな母の言うことを聞くはずもなく・・・

母が背中を向けた30秒後、「いーーーたーーーいーーー」と長男の悲鳴が・・・


思った通り、思いっきり指をかみつかれていましたよ。

しかも、次男。

長男が必死で指を引き抜こうとしているのに噛みついてはなしゃしねぇ!

オマエはスッポンか!!

それともいつもいつも口をこじ開けられてうっとーしかった鬱憤を兄貴で晴らしているのか??

「弟君が、弟君が、弟君がーーーーー」

と泣き叫ぶ長男をなだめながら笑いが止まらない夕方でした。

いやぁ、イイモン見させてもらったぜ!!




うちの長男は「ぎぐーぎぐー」とよく叫んでいる。

長男」に「ぎぐーってなに?」と聞いても

「ぎーぐーぎぐー」としか言わないから、大人で言えば「えいえいおー」のようななかけ声みたいなもんだと

思っていた。


しかし、今朝ついに「ぎぐーぎぐー」が何かわかった。


長男がアンパンマンの本を見ながら叫んだのだ。

「はーぎぐーげーごー」と!!

長男に「ぎぐーぎぐー」は「はーひふーへほー」だったの?と聞くとウンとのお答え。


「はひふへほ」と「ぎぐーぎぐー」の間には何一つ共通点はないじゃないか。

全くもって重なり合っていない。

やっと長年の疑問が解けた。

今日はすっきりとした気分で仕事が出来るぞ!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。