上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すごいニュースになっていますね。中国製ギョウザのこと。

実はワタシ、この事件が起こる前からイマイチ中国製の食品に対して不信感を持っていて出来るだけ購入しないようにしていました。

ほら、冷凍ほうれん草とか歯磨き粉とかペットフードとかうなぎとか色々あったじゃないですか。

でも気をつけていたのは生鮮食品のみ。お弁当用冷凍食品は気にしていませんでした。

ですから心配になって冷凍庫チェックしました。

冷凍庫にはお弁当用に春巻き、シュウマイ、ミニメンチカツがありました。

裏返して生産国をチェックしたところ、某有名メーカーの表示がありました。

「中国産」と書いてはいませんでした。

ちょっと安心・・・したのですが、でも・・・本当だろうか。

輸入元がその会社なだけでひょっとしたら春巻きの中の具(キャベツやニンニクやミンチなど)は中国産かもしれない。

ちょっと怖くなりました。

でも、現実問題、家計的な面から見ても食卓から中国製品及び外国製品を全部排除するのは不可能でしょうね・・・

私はよく朝ごはんの一品としてコロッケなどのバラ売りをよく購入するのですが、それには生産国の明記すらないですからね・・・

「食」というものは「命」に直結しているもので、一家の食をあずかる身としてはもっと気をつけなければいけないなと反省しました。

しばらくは冷凍食品、買い控えすると思います。




ブログランキング・にほんブログ村へ
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
今から愚痴を言います。

愚痴愚痴と言います。

私はこのブログにはなるべく愚痴を言いたくないので控えてきたのですが今日は言う。

昨日、ダンナの実家に行ってきたんですよ。

年末年始はダンナの仕事もあり行けなかったので行くのはイヤではない。

だが今日は少々、日が悪い。

なぜかって?

昨日から息子は腸炎、私は大風邪をひいて病院通いをしている。

それをもちろんダンナは知っている。

正直、行きたくなかった。体がシンドイし、やっぱり気は使うし。

でも行く約束をしているのだからしょうがない。

重い腰(妊婦なので本当に腰が重いのだ)をあげて行ってきた。

義母は夕食用にとオードブルをとってくれていた。

しかし、運の悪いことにそのオードブルの中には息子が食べられそうなものは何もなかった。

うちの息子は偏食。肉類、揚げ物類はほとんど食べずに魚大好き。

まぁ、オードブルに焼き魚は入っていないよね・・・

結局、息子は夕食をほとんど食べなかった。リンゴくらい。


で、ここからが愚痴本番だ!

少々言葉遣いが荒くなるがご了承ください。

なんで、ジジババというのはあれほど孫にお菓子を与えようとするのでしょうね???

「ご飯食べていないからオナカすくよね~」といいながら息子にお菓子を与えようとする義母。

ちょっと待て。息子は腸炎だと言っておろうが。なぜにお菓子を与える?

「腸炎だからやめてください」とワタシ。

「このお菓子は軽いお菓子だから大丈夫よ~」といいながら次々与える義母。

ちょっとピクッとなるワタシ。

でも、たまのことだし、まぁいいかと必死でこらえる。

そして次々次々と息子にお菓子を与える義母。

ついにこらえきれずに「もうダメです。結構です。」と義母をストップをかける。

「オナカすいてるのにねぇー」とどことなく不満げな義母。

義母との攻防が終わったと思ったら今度は義父がきた。

「こんなのもあるんだぞー」とキットカットを息子に見せる義父。

おい、待てや、コラ(怒)

私は息子がきちんと自分で歯磨きが出来るようになるまでチョコレートはあげない主義だと何回も何回も何回も×10言っているだろうが!

でもこれを言うと義父や義母は「ポッキーやキットカットはチョコレートじゃないだろう」と言うのだ。

立派なチョコレートだよ!

お菓子部分もあるがチョコレートがついているじゃねぇか(怒)

キットカットにうれしそうに手を伸ばそうとする息子。

阻止する私。

だいたい、息子は腸炎って言ってるだろ!刺激物はダメなんだよ!

チョコレートなんて刺激物は与えるんじゃねぇよ!

私に阻止されて半泣きの息子。

「あーぁ、ダメなんだって」とまるで私が悪者のようにいう義父。

ここまででかなりむかっ腹なワタシ。

で、機嫌が直った息子が私の背後でおとなしくブロックで遊び始めた。

ちょうどその時ダンナのお兄さんが挨拶に来てくれた。

あけましておめでとうございます。と新年のあいさつを交わす。

その時にダンナ兄が言った。

「おいおい、オカン。何を勝手に食べさせてるねん」

ほんの少し息子から目を離した瞬間に台所の隅でまたお菓子を与える義母。

「このお菓子、軽いから大丈夫なのに~」と義母。

軽いか重いかなんて関係ねぇよ!

母親である私がもう結構です。いりません。って言ってるんだよ。

なのに何でだまし討ちみたいにして与えるんだよ!!

切れそうな私の目の前で今度はせんべいを取り出して息子に見せようとする義父。

あぁ、もうブチ切れて帰っちゃおうかなーと思ったときにさすがに私の顔つきがヤバイと感じたのだろうか。

義母が「孫くんが見ると欲しがるからダメ」と義父を止めてくれた。

「別に孫にやるワケじゃない。食べたいのは自分だ」という義父。

大人が食べているのを見たら欲しがるのに決まってるだろーが。

無駄な言い訳してるんじゃねーよ。

自分が食べているところを欲しがったらパキンと割ってあげようと思ってたんじゃないのか?

何でそうお菓子をあげようとするんだよ!

孫を餌付けしたいのか?

餌付けしたいなら家の前に米でもまいて雀でも餌付けしろ!

亀か魚でも飼え!

ダンナ実家滞在時間3時間30分。

帰る頃には私はもうクタクタだった。

正直、こうなるってわかってたからダンナ実家には余り行きたくないんだよ・・・

自分の親にはもっともっとキツク言えるから(実際、私は言葉がキツイ)私の親は無闇に息子にお菓子をあげようとはしない。

義両親にはやっぱりそんなにきつく言えないんだよ・・・

義両親と私の攻防の間、ダンナは何をしていたかというと・・・

ほとんど寝てました。

コタツに寝っ転がってウツラウツラと。

まぁ、お正月中は激務だったから疲れていたから、しょうがない。

でも、・・・・使えねぇ(怒)

まぁ、たまに起きていたときは私の見方をしてくれたけどね。

というかさー、もしも私がダンナを連れて私の実家に行ったとする。

その時は私はダンナを放ったらかしにしてコタツで寝たりは絶対にしないけどね。

このあたりが嫁とダンナの違いだと思う。

とりあえず疲れた3時間30分だった。

もうしばらくは行かない。

次はお盆だ!



2008.01.05 母もヤバい?
今日、息子がいきなりの腹痛を訴えたので急いで小児科(内科もOK)に行った。

息子は風邪から来る軽い腸炎で大したことはなかったようなので一安心だったのだけれど、私も大風邪をひいていたのでついでにみてもらうことにした。

血液検査をしてもらったのだが、その結果を見ながら先生が一言。

「うーん、どっちかといえば息子さんよりもお母さんのほうが重症ですよ」

えっ?ハイ??なんですと?

先生がおっしゃるにはcrp値が高すぎるとのこと。

crpというのは体内の炎症を知る目安で、この値が高いほど細菌に感染しているのだそうだ。

標準値はマイナスから0.8。

それなのに私はcrp値が8.1もあった!

標準値の10倍じゃんか!そんなアホな!!

先生がおっしゃるには、crp値がマイナス~1が正常値。1~5が風邪引き。

5以上は自宅療養。10以上は入院なのだそうだ。

ってことは私は入院一歩手前なわけっすか?

自宅で安静にしていて下さいと言われたが元気ぱんぱんの小猿(息子)をかかえてどう安静にしろと言うのですか?先生!

息子のために行った病院で「お母さんのほうが重症」と言われるとは思わなかったよ。

確かに風邪の症状フルコースで体は辛いけどさ。

帰りに妊婦でもOKな漢方薬をもらった。

これがきいてくれるといいのにな。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。